img_02

審美歯科の新しい治療

審美歯科では、より美しい口元にするための治療が数多く行われています。歯を白くするホワイトニングも、審美歯科の治療のひとつです。

ホワイトニングは、専用の薬剤を使うことで、自分の歯を白くしていきますが、詰め物や銀歯などは白くすることができません。

そこで、銀歯を白い詰め物にする治療も行われています。

詳しく知りたい東京の審美歯科情報はこちらです。

使われる材料はセラミックで、透明感があり自然な歯のように見せることができます。

NAVERまとめ情報を集めているサイトです。

プラスチックを使えば安いのですが、すぐに変色してしまうので、変色しにくいセラミックが採用されています。

セラミックが使われるようになったのは、最近のことです。

今までは噛む強度にセラミックが耐えられず、金属で土台を作ってその上にセラミックや陶材を張り付ける方法でした。この方法ですと、中に金属があるので透明感がなく不自然な歯になってしまいました。
最近はセラミックだけで強度が保てるようになったので、金属を使わない方法が主流になりました。

また、今まで審美歯科では、元の歯の色より一段階明るい色など、自然な色を求める患者さんが多かったですが、最近はより白い色を希望する患者さんが増えています。



そのため、真っ白な歯にするため、セラミック治療の色の幅も広がっています。

どこまで白くするかは、患者さんの希望に合わせることができます。

ただ、1本だけ白いと目立ってしまうので、前歯をまとめて同じ色にするなど、歯科医師との間で相談が必要になります。